株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

新興市場銘柄ダイジェスト:ピースリーは大幅反落、アルーが大幅に4日ぶり反発  4月23日16時11分

<7094> NexTone 3260 +160
大幅続伸。著作権管理を委託された楽曲数が4月1日現在で前年同期比5万0498曲増の22万2049曲になったと発表している。新譜の委託が順調に増えたことに加え、旧譜の管理移管が拡大したことが寄与した。デジタルコンテンツディストリビューション業務の取扱原盤数は、15万2222原盤増加し、77万8681原盤となった。委託楽曲数や取扱原盤数の増加で利益向上が期待できると見た向きが買いを入れているようだ。

<3624> アクセルM 462 -35
大幅続伸後に急落。米医療機器スタートアップ企業のアセラに出資し、業務提携すると発表している。アセラは分子診断技術を用いた新型コロナウイルス迅速診断法の早期実用化を目指しており、現在主流のPCRなどと比べ速さやコストの面で優位になる可能性があるという。また、新たにヘルスケア事業を開始する。分子診断の結果がスマートフォンアプリに表示されるサービスのほか、分子診断分野の技術・製品の権利を活用したサービスなどを行う。これらが好感されて朝方は大幅に上昇したが、現在は売りに押されてマイナス圏まで下落している。

<6696> ピースリー 819 -71
大幅反落。前日に、紫外線照射によるウイルス不活化・殺菌機能を搭載した製品「BIRD SAFE」の予約販売を5月1日から開始すると発表している。紫外線は人体に無害ではないため、BIRD SAFEは有人時には紫外線が照射されない設計となっているという。紫外線は非接触で環境のウイルスを不活化でき、新型コロナウイルスに対して大変有効な手段として期待が高まり、前日にストップ高水準まで買われていた。目立った売り材料は出ていないが、前日に急伸した反動で利益確定売りが出ているようだ。

<6034> MRT 1286 +76
大幅に4日ぶり反発。新型コロナウイルスワクチン接種で兵庫県伊丹市から医療人材紹介コンサルティング業務を受託したと発表している。ワクチン接種を担う医療人材を紹介するほか、採用管理サービス「Re:ray」を活用し、円滑なワクチン接種の体制構築を支援する。MRTは東京都八王子市にもワクチン接種の医療人材確保で支援を開始している。今後、自治体での接種の準備が進むにつれて人材確保のニーズが高まるとの見方から買われているようだ。

<4598> DELTAーP 1390 +16
大幅に続伸。日本ケミファ<4539>とライセンス契約を締結している末期の膵臓がん患者を対象としたがん微小環境改善剤「DFP-17729」の臨床第2相試験で、第1症例への投薬が開始されたと発表している。試験の結果に基づいて効果と安全性を評価し、臨床第3相試験への移行や医薬品医療機器総合機構(PMDA)への承認申請などの可能性について検討する。投薬開始でマイルストーン収入などへの期待が高まり、買いが広がっているようだ。

<7043> アルー 1500 +151
大幅に4日ぶり反発。デジタルトランスフォーメーション(DX)人材育成のサービス分野でZホールディングス<4689>傘下のヤフーからコンテンツの提供を受けると発表している。人材教育に関するコンテンツを受領して研修やeラーニングなどで活用し、DXに関する教育サービスを顧客に提供する。DXを推進する企業の需要が期待できるとの見方から、買いが広がっているようだ。

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »