株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

伊藤米久HDが後場プラス圏に浮上、21年3月期業績は上振れで着地  4月23日14時27分

 伊藤ハム米久ホールディングス<2296.T>は後場プラス圏に浮上している。午後2時ごろ、集計中の21年3月期連結業績について、売上高が8300億円から8400億円(前の期比1.5%減)へ、営業利益が230億円から240億円(同39.0%増)へ、純利益が185億円から200億円(同74.8%増)へ上振れて着地したようだと発表したことが好感されている。

 内食需要の高まりに加えて、経費削減などに取り組んだことが寄与したという。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ニトリHDは小動き、4月既存店売上高は2カ月ぶり前年上回るも反応限定的
巴川紙が後場一段高、半導体・電子材料関連で需要回復し21年3月期業績は赤字幅縮小に上振れ
大冷が大幅続伸、上期の粗利改善維持し21年3月期営業利益は計画上振れ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »