株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は反発、ソフトバンクGとファーストリテの2銘柄で約54円押し上げ  4月26日16時26分

26日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり142銘柄、値下がり75銘柄、変わらず8銘柄となった。

日経平均は反発。23日の米国市場でNYダウは反発し、227ドル高となった。バイデン政権のキャピタルゲイン増税案への懸念が和らぎ、経済指標の改善も好感された。週明けの日経平均はこうした流れを引き継いで74円高からスタートしたが、前週末に決算発表したエムスリー<2413>が売られたほか、週末の国政選挙で野党系候補が全勝したこともあり、前場中ごろまでマイナス圏で推移。その後海外株高を支えに切り返し、後場には一時29241.28円(前週末比220.65円高)まで上昇したが、一段の上値追いの動きは限られた。

大引けの日経平均は前週末比105.60円高の29126.23円となった。東証1部の売買高は9億7477万株、売買代金は2兆0874億円だった。業種別では、空運業、陸運業、鉄鋼が上昇率上位だった。一方、医薬品、水産・農林業、倉庫・運輸関連業が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の43%、対して値下がり銘柄は52%となった。

値上がり寄与トップはソフトバンクG<9984>、同2位はファーストリテ<9983>となり、2銘柄で日経平均を約54円押し上げた。また、日経平均構成銘柄の上昇率トップはANA<9202>で5.78%高、同2位はJR西日本<9021>で5.23%高だった。ANAは、先週末に業績予想の修正を発表。通期営業損益を従来予想の5050億円の赤字から4650億円の赤字に修正したことで、赤字幅は市場想定よりも縮小する形になっており、安心感が強まる状況に。

一方、値下がり寄与トップはエムスリー<2413>、同2位は中外薬<4519>となり、2銘柄で日経平均を約51円押し下げた。また、日経平均構成銘柄の下落率トップもエムスリーで5.82%安、同2位も中外薬で2.19%安だった。エムスリーは、先週末に21年3月期の決算を発表、営業利益は580億円で前期比68.8%増益となり、従来計画の343億円を大きく上回る着地になった。ただ、今期見通しが非公表であり、不透明感が優勢になったようだ。


*15:00現在

日経平均株価  29126.23(+105.60)

値上がり銘柄数 142(寄与度+204.83)
値下がり銘柄数  75(寄与度-99.23)
変わらず銘柄数  8

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格   前日比 寄与度
<9984> ソフトバンクG     10135     130 +28.09
<9983> ファーストリテ    88220     730 +26.29
<6857> アドバンテ       10560     260 +18.73
<4543> テルモ          4171     60 +8.64
<8035> 東エレク        49060     180 +6.48
<6954> ファナック       25780     170 +6.12
<6367> ダイキン        22110     165 +5.94
<6098> リクルートHD      5038     53 +5.73
<7832> バンナムHD       8100     128 +4.61
<6971> 京セラ          7145     60 +4.32
<2801> キッコーマン      6560     120 +4.32
<7267> ホンダ          3290     57 +4.11
<6988> 日東電          9410     110 +3.96
<7751> キヤノン         2652    65.5 +3.54
<6724> エプソン         1941     46 +3.31
<6762> TDK           15130     90 +3.24
<4063> 信越化         19155     75 +2.70
<9022> JR東海         16360     730 +2.63
<9613> NTTデータ        1690     14 +2.52
<4324> 電通G           3340     60 +2.16

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格   前日比 寄与度
<2413> エムスリー       7589    -469 -40.53
<4519> 中外薬          4242     -95 -10.26
<4568> 第一三共         3009     -66 -7.13
<6758> ソニー         11700    -140 -5.04
<4503> アステラス薬      1649     -23 -4.14
<4452> 花王           7090    -112 -4.03
<9433> KDDI           3318     -18 -3.89
<4911> 資生堂          7694     -95 -3.42
<7733> オリンパス      2268.5   -16.5 -2.38
<5108> ブリヂストン      4467     -27 -0.97
<2802> 味の素         2216.5     -26 -0.94
<8001> 伊藤忠          3430     -24 -0.86
<7269> スズキ          4316     -24 -0.86
<2871> ニチレイ         2769     -46 -0.83
<6702> 富士通         16180    -225 -0.81
<4502> 武田           3663     -20 -0.72
<6506> 安川電          5160     -20 -0.72
<7270> SUBARU          2070   -18.5 -0.67
<4751> サイバー         1946     -21 -0.60
<6471> 日精工          1017     -16 -0.58



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »