株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

後場の日経平均は115円高でスタート、マネックスGやJR東海が高い  4月26日12時52分

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;29136.17;+115.54TOPIX;1919.77;+4.79


[後場寄り付き概況]

 後場の日経平均は前営業日比115.54円高の29136.17円と前引け値(29095.36円)から上げ幅を広げて取引を開始した。ランチバスケットは差し引き売り買い均衡との観測。なお、ランチタイムの日経225先物は、堅調な推移だった。朝高後に100円以上下げ、その後に切り返すなど前場の日経平均は薄商いの中で方向感に欠ける動きだったが、後場の日経平均も引き続き不安定な展開となっている。

 売買代金上位では、マネックスG<8698>やANA<9202>、JR東海<9022>、楽天グループ<
4755>、オリエンタルランド<4661>などが上昇する反面、エムスリー<2413>、任天堂<7974>、日本電産<6594>などが下落。業種別では、空運、陸運、鉄鋼が上昇率上位に。


<CS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »