株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は反発、大引けにかけて強含む、物色傾向はまちまち  4月26日16時02分

 本日のマザーズ指数は反発となった。日経平均同様にマザーズ指数も上昇して始まったものの、寄り付き後すぐにマイナス転換。ただし、日経平均よりも相対的に深押しすることはなく、再び切り返す展開に。前引けにかけて一旦弱含んだものの、大引けにかけてはじり高推移が続き、引け間際にきょうの高値1221.92ptをつけた。ただし、明確な物色の方向性は終日見えず、全般高安まちまちだった。なお、マザーズ指数は反発、売買代金は概算で1472.84億円。騰落数は、値上がり204銘柄、値下がり141銘柄、変わらず11銘柄となった。
 個別では、直近IPO銘柄のオキサイド<6521>がマザーズ売買代金トップにランクイン。直近IPO銘柄ではオキサイドの他、QDレーザ<6613>、Appier Group<4180>も上昇。また、マザーズ市場の主力処ではマネーフォワード<3994>、フリー<4478>、HENNGE<4475>、ミンカブ<4436>などが上昇した他、ベルトラ<7048>、アドベンチャー<6030>、旅工房<6548>など旅行関連にも物色が見られた。21年3月期の最終損益見通しを1.60億円の赤字から0.07億円の黒字に修正した中村超硬<6166>なども大幅高に。その他、エヌ・ピー・シー<6255>、Kudan<4425>などが買われた。一方、22年3月期の見通し嫌気で失望売りの流れとなったサイバートラスト<4498>を筆頭に、直近IPO銘柄のステラファーマ<4888>、ウェルスナビ<7342>、KaizenPF<4170>、スパイダープラス<4192>などが売りに押された。その他、弁護士ドットコム<6027>、AIinside<4488>、メディカルネット<3645>などが下落。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »