株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日本紙が一時11%高、レアメタル不要の蓄電池開発に乗り出すと報じられる  4月27日11時11分

 日本製紙<3863.T>が5日ぶり反発、一時10.7%高の1399円まで上昇した。きょう付の日本経済新聞朝刊が「日本製紙は世界的に需給が逼迫するレアメタルを使わない高性能蓄電池の開発に乗り出す」と報じており、これが材料視されているようだ。

 記事によると、日本紙が開発する電池はセルロースナノファイバー(CNF)を積層することで大量の電気をためることが可能となるもので、これによりレアメタルが不要となるほか、リチウムイオン電池に比べ製造コストが抑えられるという。まずは再生可能エネルギー向けへの開発を目指し、将来的には電気自動車(EV)での採用も狙うとされている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
債券:先物、前場終値は前営業日比6銭安の151円42銭
フロンテオが続伸、「会話型 認知症診断支援AIシステム」の臨床試験を開始
◎午前11時現在の値上がり値下がり銘柄数


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »