株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADR日本株ランキング~トヨタなど全般しっかり、シカゴは大阪比65円高の29055円~  4月28日07時43分

ADR(米国預託証券)の日本株は、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ソニーG<6758>、ファーストリテ<9983>、HOYA<7741>、富士通<6702>、資生堂<4911>など、対東証比較(1ドル108.71円換算)で全般しっかり。シカゴ日経225先物清算値は大阪比65円高の29055円。

米国株式市場はまちまち。ダウ平均は3.36ドル高の33984.93ドル、ナスダックは48.56ポイント安の14090.21で取引を終了した。バイデン大統領が今週予定している議会演説でインフラ・社会保障に加え法人税、所得税などの税率引き上げの詳細が発表される見込みで、警戒感から寄り付き後、下落した。その後発表された4月の消費者信頼感指数がパンデミック以前の水準を回復したため、回復期待を受けた買いが再燃し、上昇に転じた。ただ、米連邦準備制度理事会(FRB)が開催している連邦公開市場委員会(FOMC)の結果公表を明日に控えて様子見気配も強く、ダウは小幅上昇にとどまった。

27日のニューヨーク外為市場でドル・円は、108円22銭から108円78銭まで上昇し、108円74銭で引けた。米CB4月消費者信頼感指数は昨年2月来の高水準を回復したため、米連邦準備制度理事会(FRB)は緩和策縮小の計画を発表するとの見通しが強まり、長期金利上昇に伴うドル買いが優勢となった。日本銀行は2021年度の物価見通しを引き下げたため、大規模緩和の長期化観測を受けた円売りも強まった。ユーロ・ドルは1.2090ドルから1.2069ドルまで下落後、1.2093ドルまで反発し、1.2091ドルで引けた。

NY原油先物6月限は、反発(NYMEX原油6月限終値:62.94 ↑1.03)。


■ADR上昇率上位銘柄(27日)
<6460> セガサミーHD 3.85ドル 1674円 (52円) +3.21%
<1812> 鹿島 14.18ドル 1542円 (27円) +1.78%
<8358> スルガ銀 36.85ドル 401円 (7円) +1.78%
<9202> ANA 4.68ドル 2544円 (42円) +1.68%
<7267> ホンダ 30.18ドル 3281円 (54円) +1.67%


■ADR下落率上位銘柄(27日)
<6361> 荏原 21.42ドル 4657円 (-98円) -2.06%
<6471> 日精工 18.34ドル 997円 (-15円) -1.48%
<6448> ブラザー 42.92ドル 2333円 (-33円) -1.39%
<7012> 川重 9.3ドル 2528円 (-35円) -1.37%
<6753> シャープ 4.17ドル 1813円 (-19円) -1.04%


■その他ADR銘柄(27日)
<1925> 大和ハウス 29.9ドル 3251円 (14円)
<1928> 積水ハウス 20.58ドル 2237円 (17円)
<2503> キリン 18.97ドル 2062円 (4.5円)
<2802> 味の素 20.03ドル 2177円 (-21.5円)
<3402> 東レ 12.64ドル 687円 (1.2円)
<3407> 旭化成 21.71ドル 1180円 (6.5円)
<4523> エーザイ 67.14ドル 7299円 (28円)
<4901> 富士フイルム 65.01ドル 7067円 (16円)
<4911> 資生堂 70.1ドル 7621円 (43円)
<5108> ブリヂストン 20.4ドル 4435円 (17円)
<5201> AGC 9.01ドル 4897円 (-18円)
<6301> コマツ 29.44ドル 3200円 (4円)
<6479> ミネベア 49.96ドル 2716円 (-28円)
<6503> 三菱電 29.71ドル 1615円 (4円)
<6586> マキタ 47.67ドル 5182円 (72円)
<6645> オムロン 78.9ドル 8577円 (-13円)
<6702> 富士通 29.61ドル 16095円 (115円)
<6723> ルネサス 5.6ドル 1218円 (-7円)
<6753> シャープ 4.17ドル 1813円 (-19円)
<6758> ソニーG 106.67ドル 11596円 (146円)
<6762> TDK 139.98ドル 15217円 (-13円)
<6902> デンソー 31.53ドル 6855円 (16円)
<6954> ファナック 23.56ドル 25612円 (197円)
<6988> 日東電 41.79ドル 9086円 (26円)
<7201> 日産自 10.26ドル 558円 (3.1円)
<7202> いすゞ 10.2ドル 1109円 (-5円)
<7203> トヨタ 152.81ドル 8306円 (134円)
<7267> ホンダ 30.18ドル 3281円 (54円)
<7270> SUBARU 9.55ドル 2076円 (13.5円)
<7733> オリンパス 20.72ドル 2252円 (15.5円)
<7741> HOYA 117.98ドル 12825円 (60円)
<7751> キヤノン 24.07ドル 2617円 (0円)
<7974> 任天堂 70.14ドル 60999円 (-1円)
<8001> 伊藤忠 62.4ドル 3391円 (12円)
<8002> 丸紅 82.68ドル 899円 (4.9円)
<8031> 三井物 413.58ドル 2248円 (15.5円)
<8053> 住友商 13.81ドル 1501円 (14.5円)
<8306> 三菱UFJ 5.38ドル 585円 (9.4円)
<8309> 三井トラスト 3.5ドル 3799円 (57円)
<8316> 三井住友 7.04ドル 3827円 (27円)
<8411> みずほFG 2.85ドル 1549円 (8円)
<8591> オリックス 80.97ドル 1760円 (15円)
<8604> 野村HD 5.39ドル 586円 (3.1円)
<8766> 東京海上HD 48.99ドル 5326円 (44円)
<8802> 菱地所 16.45ドル 1788円 (-9円)
<9202> ANA 4.68ドル 2544円 (42円)
<9432> NTT 25.54ドル 2776円 (16円)
<9735> セコム 21.1ドル 9177円 (-3円)
<9983> ファーストリテイ 83ドル 90229円 (889円)
<9984> ソフトバンクG 46.4ドル 10088円 (48円)

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »