株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<動意株・28日>(大引け)=ネットワン、Bマインド、愛三工など  4月28日15時04分

 ネットワンシステムズ<7518.T>=続急伸。27日の取引終了後に発表した21年3月期の連結業績で経常利益は前の期比11.1%増の182億800万円に伸びて着地。続く22年3月期は前期比20.8%増の220億円と3期連続で過去最高益を更新する見通しとなり、これが好材料視されている。前期業績はGIGAスクール案件の獲得が収益拡大に大きく貢献した。今期は法人向けでデジタル化、セキュリティー強化、クラウド活用、働き方改革のビジネスを拡大するほか、全国的に更新需要が高まる自治体情報セキュリティー案件の獲得に注力する構えだ。GIGAスクール案件は剥落を想定している。業績好調に伴い、前期の年間配当を48円から64円(前の期は45円)に増額し、今期も前期比8円増の72円に増配する方針としたことも好感されている。

 ブロードマインド<7343.T>=急速人気。同社は3月26日に東証マザーズ市場に新規上場した直近IPO銘柄で、個人や法人を対象に保険代理店や金融商品仲介、住宅ローン代理ビジネスなどを手掛けている。公開価格810円に対し1566円の初値をつけた後は上値の重い展開となり4月に入ってから下値模索の動きが続いていた。しかし、株価が初値水準から500円以上の下げとなる1000円近辺まで下押したことで値ごろ感も意識されていた。そうしたなか、27日に金融市場AIに特化したサービスを展開するAlpacaJapan(東京都千代田区)と業務提携契約を締結したことを発表、これを手掛かり材料に投資マネーが集中した。

 愛三工業<7283.T>=急反騰で年初来高値更新。27日の取引終了後に発表した21年3月期の連結経常利益は前の期比27.4%減の49億8600万円になったが、従来予想の33億円を大幅に上回って着地。続く22年3月期は前期比2.0倍の100億円に拡大する見通しとなったことが好感されている。今期は自動車市場の回復が追い風になるものの、原材料・半導体などの部品供給リスク懸念から、売上高はコロナ前の水準に届かない見込み。ただ、コスト低減を徹底することで採算は大きく改善し、経常利益は15年3月期以来の利益水準に復帰する計画だ。併せて、前期の年間配当を16円から18円(前の期は20円)に増額し、今期も前期比9円増の27円に増配する方針とした。配当利回りは3.5%前後に上昇しており、これも好材料視されている。

 ホクシン<7897.T>=異色の上昇トレンド。前週末23日に突発人気化し、高水準の商いをこなしながら直近までの4営業日で株価は2倍以上になった。同社は家具や建材向けに中質繊維版(MDF)を手掛けるが、全体方向感に乏しい相場で投機性の強い資金が集結し、全員参加型材料株の様相を呈している。「米国の旺盛な住宅需要を背景とした木材の需給タイト化で流通価格が上昇傾向を強めていることが材料視されている。しかし、ファンダメンタルズ面からは説明できない上昇で、空売りを呼び込み需給相場の色が強い」(中堅証券ストラテジスト)という。株価低位で時価総額100億円以下の小型株ながら売買代金は連日100億円を超えるなど流動性の高さが際立つ。日証金では株不足状態で貸株制限の規制がかかっている。

 富士電機<6504.T>=急反発。売買高も既に90万株近くに達し、前日終日分の商いを大きく上回っている。同社は重電大手でパワー半導体に強みを持ち、デジタル分野のテクノロジー企業として世界屈指の独シーメンスと提携関係にあり業容を広げている。同社が前日取引終了後に発表した21年3月期決算は減収ながら営業利益が前の期比14%増の485億9500万円と2ケタ増益を達成した。また、22年3月期については前期比24%増の600億円と更に伸びが加速する見通し。パワー半導体は、世界的な電気自動車(EV)シフトが進むなか、キーデバイスとして今後一段と市場拡大が続く見通しにあり、同社の収益成長シナリオが意識されている。

 新光電気工業<6967.T>=急動意。同社は27日取引終了後、21年3月期決算を発表した。営業利益は前の期比7.2倍の233億2800万円と急拡大した。パソコンやデータセンター用のサーバー向けで主力のフリップチップタイプパッケージが大幅に伸びて収益を押し上げている。年間配当は従来計画の25円から30円に増額(前の期実績は25円)した。更に22年3月期も好調が続く見通しにあり、営業利益は前期比43%増の334億円と急成長が続く見通しで、配当も前期比5円増配の35円を計画している。これを評価する形で投資資金を呼び込んでいる。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ネットワン続急伸、22年3月期は20%経常増益見通しで8円増配へ
Bマインドは20%超上昇し全上場銘柄で値上がり率トップ、金融AI会社との業務提携材料視
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」2位に愛三工


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »