株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADR日本株ランキング~高安まちまち、シカゴは大阪比25円高の29075円~  4月30日07時40分

ADR(米国預託証券)の日本株は、ソフトバンクG<9984>、HOYA<7741>、富士通<6702>、資生堂<4911>、日東電<6988>が堅調。半面、ファナック<6954>、ソニーG<6758>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、TDK<6762>が冴えないなど、対東証比較(1ドル108.93円換算)で高安まちまち。シカゴ日経225先物清算値は大阪比25円高の29075円。

米国株式市場は反発。ダウ平均は239.98ドル高の34060.36ドル、ナスダックは31.52ポイント高の14082.55で取引を終了した。連邦準備制度理事会(FRB)が連邦公開市場委員会(FOMC)で景気判断を引き上げたほか、第1四半期GDPが大幅な伸びを示したため、寄り付き後、上昇。冴えない雇用関連指標やバイデン大統領が就任後初めての上下両院合同会議演説で提示した大幅増税への懸念に一時下落に転じる局面もあった。しかし、本年の回復期待を受けた買いも根強く、終日堅調推移を維持。引けにかけては上げ幅を拡大した。主要ハイテク企業の好決算も下支えとなった。

29日のニューヨーク外為市場でドル・円は、109円22銭まで上昇後、108円80銭まで反落して、108円91銭で引けた。バイデン大統領が明らかにしたインフラ整備の米雇用計画などに加えて、NY市は7月からパンデミック対応規制を全て撤廃すると発表するなど、経済活動再開を受けた景気回復期待を受けてドル買いが優勢となった。ただ、先週分新規失業保険申請件数は予想をやや上回ったほか、米1-3月期GDP速報値も予想ほど伸びが拡大しなかったため、ドル上昇は限定的だった。ユーロ・ドルは1.2136ドルから1.2102ドルまで下落して、1.2122ドルで引けた。

NY原油先物6月限は、続伸(NYMEX原油6月限終値:65.01 ↑1.15)。


■ADR上昇率上位銘柄(29日)
<5486> 日立金 192ドル 2091円 (196円) +10.34%
<8306> 三菱UFJ 5.49ドル 598円 (14.3円) +2.45%
<8604> 野村HD 5.54ドル 603円 (11.1円) +1.88%
<6702> 富士通 30.22ドル 16459円 (269円) +1.66%
<8316> 三井住友 7.14ドル 3889円 (57円) +1.49%


■ADR下落率上位銘柄(29日)
<8303> 新生銀 2.83ドル 1541円 (-68円) -4.23%
<6758> ソニーG 104.85ドル 11421円 (-389円) -3.29%
<7012> 川重 9.3ドル 2533円 (-72円) -2.76%
<1801> 大成建 9.25ドル 4030円 (-75円) -1.83%
<7731> ニコン 9.28ドル 1011円 (-17円) -1.65%


■その他ADR銘柄(29日)
<1801> 大成建 9.25ドル 4030円 (-75円)
<1925> 大和ハウス 30.22ドル 3292円 (15円)
<1928> 積水ハウス 20.64ドル 2248円 (12.5円)
<2503> キリン 18.94ドル 2063円 (-2円)
<2802> 味の素 20.19ドル 2199円 (7.5円)
<3402> 東レ 12.61ドル 687円 (-1.2円)
<3407> 旭化成 21.41ドル 1166円 (5円)
<4523> エーザイ 66ドル 7189円 (0円)
<4901> 富士フイルム 64.87ドル 7067円 (10円)
<4911> 資生堂 70.07ドル 7633円 (78円)
<5108> ブリヂストン 20.52ドル 4470円 (8円)
<5201> AGC 9.01ドル 4907円 (-38円)
<6301> コマツ 29.55ドル 3219円 (0円)
<6503> 三菱電 29.55ドル 1609円 (-17円)
<6586> マキタ 46.57ドル 5073円 (23円)
<6645> オムロン 78ドル 8497円 (-33円)
<6702> 富士通 30.22ドル 16459円 (269円)
<6723> ルネサス 5.71ドル 1243円 (8円)
<6753> シャープ 4.2ドル 1830円 (-19円)
<6758> ソニーG 104.85ドル 11421円 (-389円)
<6762> TDK 137.85ドル 15016円 (-214円)
<6902> デンソー 33.68ドル 7338円 (53円)
<6954> ファナック 23.68ドル 25795円 (-135円)
<6988> 日東電 42.21ドル 9196円 (106円)
<7201> 日産自 10.13ドル 552円 (0.9円)
<7203> トヨタ 152.43ドル 8302円 (3円)
<7267> ホンダ 30.37ドル 3308円 (43円)
<7270> SUBARU 9.46ドル 2061円 (-8.5円)
<7733> オリンパス 20.74ドル 2259円 (9.5円)
<7741> HOYA 118.21ドル 12877円 (62円)
<7751> キヤノン 23.89ドル 2602円 (9円)
<7974> 任天堂 71.11ドル 61968円 (-282円)
<8001> 伊藤忠 61.84ドル 3368円 (6円)
<8002> 丸紅 82.82ドル 902円 (1.2円)
<8031> 三井物 412.54ドル 2247円 (7.5円)
<8053> 住友商 13.84ドル 1508円 (16円)
<8267> イオン 27.41ドル 2986円 (-11.5円)
<8306> 三菱UFJ 5.49ドル 598円 (14.3円)
<8309> 三井トラスト 3.52ドル 3829円 (54円)
<8316> 三井住友 7.14ドル 3889円 (57円)
<8411> みずほFG 2.89ドル 1574円 (20.5円)
<8591> オリックス 81.5ドル 1776円 (10.5円)
<8604> 野村HD 5.54ドル 603円 (11.1円)
<8766> 東京海上HD 49.17ドル 5356円 (38円)
<8802> 菱地所 16.61ドル 1809円 (3円)
<9202> ANA 4.58ドル 2494円 (17円)
<9432> NTT 26.02ドル 2834円 (4.5円)
<9735> セコム 20.75ドル 9041円 (-29円)
<9983> ファーストリテイ 82.34ドル 89693円 (-37円)
<9984> ソフトバンクG 45.55ドル 9924円 (33円)

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »