株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ポーラHDが急反発、ポーラ海外事業が牽引役となり第1四半期営業利益は2.1倍  4月30日12時51分

 ポーラ・オルビスホールディングス<4927.T>が急反発し年初来高値を更新している。28日の取引終了後に発表した第1四半期(1~3月)連結決算が、売上高435億6100万円(前年同期比0.6%増)、営業利益43億700万円(同2.1倍)、最終利益39億3900万円(前年同期12億4600万円の赤字)と、大幅営業増益となったことが好感されている。

 中国ECや韓国免税店の高成長継続でポーラ海外事業が好調なほか、各ブランドのEC売上が伸長し業績を牽引。加えて、原価の低減や販売関連費の削減、円安に伴う為替差益の計上なども寄与した。

 なお、21年12月期通期業績予想は、売上高1900億円(前期比7.8%増)、営業利益190億円(同38.2%増)、純利益113億円(同2.4倍)の従来見通しを据え置いている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
アートSHDが後場カイ気配、「CLIP STUDIO PAINT」のプロモ効果で上期業績を上方修正
内外トランスが後場カイ気配スタート、21年12月期業績予想を営業利益64%増へ上方修正
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は160円安とやや下げ幅拡大


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »