株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

JTが大幅反発、海外たばこ事業の好調で1~3月期は増収増益で着地  5月06日10時09分

 JT<2914.T>が大幅反発している。4月30日の取引終了後に発表した21年12月期第1四半期(1~3月)の連結決算(国際会計基準)は、売上高5473億6600万円(前年同期比5.3%増)、営業利益1601億2900万円(同24.2%増)となり、これが好感されている。

 海外たばこ事業における数量成長とプライシング効果が牽引し、増収増益を達成した。海外たばこ事業では渡航制限に伴う一部高単価市場での総需要の増加といった一時的な要因もあった。また、販売促進費が減少したことも増益に貢献した。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
◎午前10時現在の値上がり値下がり銘柄数
<注目銘柄>=ネオジャパン、クラウドサービスの成長継続へ
リケンテクノがマド開け急伸、22年3月期は営業2割増益予想で指標面の割安感際立つ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »