株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

来週の株式相場に向けて=ワクチン接種率の上昇がカギ握る  5月07日17時27分

  ゴールデンウィーク(GW)明けの5月第1週(6~7日)は2営業日だけの取引だった。NYダウが最高値を更新するなかでの売買だったが、東京市場は依然として上値の重い展開となっている。チャート上は、25日移動平均線(2万9410円)前後が抵抗線となり上値を抑えられている。東京市場の上値の重さの背景には、やはり新型コロナウイルスに対する「ワクチン接種率の低さ」(市場関係者)がある。

 日本の新型コロナワクチン接種率は4月末時点で2.5%程度だが、大手証券では海外の例を参考に「接種率が10%を超えた近辺で上昇トレンドに入る」と予想する。ただ、日本の接種率が10%に達するのは6月中旬頃とみられている。となると、まだしばらくは一進一退が続きそうだ。 

 そんななかで、物色されているのが国際的な市況高の流れに乗る銘柄だ。日本郵船<9101.T>など海運株、日本製鉄<5401.T>など鉄鋼株、住友金属鉱山<5713.T>など非鉄株などが代表例だ。一部には過熱感も出ているものの、物色人気は強く要マーク状態は継続しそうだ。

 来週は目立ったイベントは予定されていないが、国内企業の決算発表がピークを迎える。10日は190社前後、13日は約570社、特に週末の14日は約1000社の企業が決算発表を行う。

 具体的には10日にパナソニック<6752.T>やローム<6963.T>、伊藤忠商事<8001.T>、住友鉱など。11日に五洋建設<1893.T>、シャープ<6753.T>、ダイキン工業<6367.T>など。12日には、トヨタ自動車<7203.T>、ソフトバンクグループ<9984.T>、NEC<6701.T>など。13日には、楽天グループ<4755.T>やスズキ<7269.T>、オリックス<8591.T>、三菱地所<8802.T>など。14日にはSMC<6273.T>やみずほフィナンシャルグループ<8411.T>、三井不動産<8801.T>、KDDI<9433.T>など。特に、12日のトヨタとSBGの決算は注目されそうだ。

 海外では、11日に中国4月消費者物価、12日に米4月消費者物価、14日に米4月小売売上高が発表される。日経平均株価の予想レンジは2万9100~2万9600円。(岡里英幸)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京株式(大引け)=26円高と小幅続伸、様子見姿勢で方向感に欠ける
来週の主なマーケットイベント
<動意株・7日>(大引け)=東エレデバ、トランスG、インソースなど


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »