株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は3日続伸、米緩和長期化を意識、決算ピークで伸び悩みも  5月10日15時54分

日経平均は3日続伸。7日の米国市場でNYダウは229ドル高と5日続伸し、3日連続で過去最高値を更新した。4月の雇用統計で雇用者数の伸びが市場予想を大幅に下回ったが、金融緩和の長期化につながると受け止められた。本日の日経平均もこうした流れを引き継いで19円高からスタートすると、前場中ごろには一時29685.41円(前週末比327.59円高)まで上昇。ただ、今週は国内で企業決算の発表がピークを迎えるほか、引き続き海外経済指標の発表も多く、買いが一巡すると伸び悩む展開となった。

大引けの日経平均は前週末比160.52円高の29518.34円となった。東証1部の売買高は11億2670万株、売買代金は2兆4641億円だった。業種別では、鉄鋼、石油・石炭製品、非鉄金属が上昇率上位だった。一方、海運業、小売業、金属製品が下落率上位だった。
東証1部の値上がり銘柄は全体の68%、対して値下がり銘柄は28%となった。

個別では、任天堂<7974>とソニーG<6758>が3%前後上昇したほか、鉄鋼大手の日本製鉄<5401>が5%超、JFE<5411>が7%超の大幅上昇となった。日本製鉄は7日の取引時間中、JFEは同日引け後に決算発表しており、その内容を好感した買いが入った。
その他売買代金上位ではソフトバンクG<9984>やトヨタ自<7203>が堅調で、東エレク<
8035>は小じっかり。また、マルカ<7594>との経営統合を発表したフルサト<8087>はストップ高を付け、業績上方修正のローランド<7944>は買い気配のままストップ高比例配分となった。一方、4月の国内ユニクロ既存店売上高を発表したファーストリテ<9983>は5%近く下落し、前引け後に決算発表した郵船<9101>は3%超の下落。レーザーテック<6920>やSUMCO<3436>も軟調ぶりが目立った。また、今期営業減益見通しのディーエヌエー<2432>が急落し、メディシス<4350>などとともに東証1部下落率上位に顔を出した。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »