株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は5日続落、終日狭いレンジでもみ合う、個別対応で方向感欠如  5月10日16時06分

 本日のマザーズ指数は5営業日続落となった。寄り付きは小幅に上昇して始まったものの、1166.61ptをきょうの高値に前場中ごろにマザーズ指数はマイナスに転じる動きに。ただ、深押しすることはなく、その後は終日狭いレンジでもみ合う展開となった。なお、マザーズ指数は5営業日続落、売買代金は概算で1490.33億円。騰落数は、値上がり178銘柄、値下がり161銘柄、変わらず15銘柄となった。
 個別では、先週見せた連日の急落でレンジを大きく切り下げていたAIinside<4488>
がマザーズ売買代金トップにランクイン。10%の上昇となったが、短期的な自律反発の動きと見られる。変異株ワクチン開発に着手との一部報道を受けてアンジェス<4563>にも関心が向かった。第1四半期決算を先週末の大引け後に発表したオンコリスバイオファーマ<4588>も7%高に。直近IPO銘柄は高安まちまちだったが、ブロードマインド<7343>やアクシージア<4936>が大幅高。その他、フリー<4478>、アズーム<3496>、メドレー<4480>などが買われた。一方、第1四半期の経常利益が前年同期比37.6%減の1.02億円となったJIG-SAW<3914>はストップ安。通期業績予想を上方修正も材料出尽くし感が優勢となった東京通信<7359>も急落。ウェルスナビ<7342>を筆頭にQDレーザ<6613>、オキサイド<6521>、ビジョナル<4194>、交換できるくん<7695>、ステラファーマ
<4888>、サイバートラスト<4498>、スパイダープラス<4192>など直近IPO銘柄の一角も売りに押された。その他、BASE<4477>、メルカリ<4385>、Kudan<4425>、ライトアップ
<6580>などが売られた。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »