株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

10日の株式相場見通し=続伸、金融緩和期待で最高値街道のNYダウに追随  5月10日07時59分

 10日の東京株式市場は、買い優勢の展開となり日経平均は続伸しそうだ。前週末の欧米株市場が総じて上昇したことを受けマーケットのセンチメント改善が見込まれる。米国株市場では注目された4月米雇用統計が市場予想を大幅に下回ったが、これによりFRBの金融緩和政策の継続期待が高まりリスクオンの様相を呈した。NYダウの上げ足は止まらず、最高値街道を走る状況にある。相対的に出遅れる東京市場でもこの流れを引き継ぎ幅広く買いが集まりそうだ。ただ、企業の3月決算発表が本格化するなか、この内容を見極めたいとの思惑に加え、新型コロナウイルスの感染拡大に対する警戒感もくすぶるなか、上値は限定的となる可能性もある。

 前週末7日の米株式市場では、NYダウ平均株価が前営業日比229ドル23セント高の3万4777ドル76セントと5日続伸。ナスダック総合株価指数は同119.395ポイント高の1万3752.237だった。

 日程面では、きょうは5月の日銀当座預金増減要因見込みなど。海外では3月の豪小売売上高など。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
来週の株式相場に向けて=ワクチン接種率の上昇がカギ握る
10日の主なマーケットイベント
米外為市場サマリー:米雇用統計を受け一時108円30銭台に軟化


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »