株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は大幅に3日続落、一時700円超安、米インフレ懸念一段と  5月13日15時55分

日経平均は大幅に3日続落。12日の米国市場でNYダウは大幅に3日続落し、681ドル安となった。4月の消費者物価指数(CPI)が市場予想を大きく上回る上昇となり、長期金利が一時1.7%台まで上昇。インフレ加速懸念が一段と強まり、ハイテク株のみならず幅広い銘柄に売りが出た。本日の日経平均はこうした流れを引き継いで218円安からスタートすると、寄り付き後も下げ幅を拡大。アジア株安や時間外取引におけるNYダウ先物の戻りの鈍さも重しとなり、引けにかけて一時27385.03円(前日比762.48円安)
まで下落した。

大引けの日経平均は前日比699.50円安の27448.01円となった。終値としては1月6日以来の安値水準となる。東証1部の売買高は14億0835万株、売買代金は3兆0523億円だった。業種別では、精密機器、情報・通信業、電気機器が下落率上位だった。一方、パルプ・紙、ゴム製品、その他金融業が上昇率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の82%、対して値上がり銘柄は15%となった。

個別では、売買代金トップのソフトバンクG<9984>が7%を超える下落。前期の純利益は国内企業として過去最高を記録したが、米ハイテク株安が売り材料視されたようだ。ファーストリテ<9983>、ソニーG<6758>、東エレク<8035>といったその他の値がさ株も下げが目立った。トヨタ自<7203>は前日の取引時間中に発表した決算や自社株買いが評価されたが、おおむねマイナス圏で推移。また、ネクソン<3659>やNEC<6701>が決算を受けて急落し、日本金属<5491>などとともに東証1部下落率上位に顔を出した。一方、三菱UFJ<8306>や三井住友<8316>は金利の先高観からしっかり。米アクティビスト(物言う株主)ファンドの株式大量保有が明らかになった7&iHD<3382>は5%近く上昇し、サントリーBF<2587>や三井化学<4183>、旭化成<3407>は決算を受けて急伸。また、ミツバ<7280>は買い気配のままストップ高比例配分となった。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »