株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

CDG---21年3月期2ケタ増収・大幅な増益、流通・小売業や外食・各種サービス業に加え情報・通信業の売上高増  5月14日17時56分

CDG<2487>は13日、2021年3月期連結決算を発表した。売上高が前期比17.0%増の116.20億円、営業利益が同51.9%増の5.51億円、経常利益が同62.1%増の6.09億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同89.1%増の5.05億円となった。

業界別の販売状況としては、流通・小売業業界、外食・各種サービス業界及び情報・通信業界において売上が大きく伸びた。流通・小売業業界及び外食・各種サービス業界では人気コンテンツライセンスを活用した店頭施策を実施し、それにSNSやLINEなどのデジタル領域のプロモーションや商品化を絡めた大型プロモーション施策を受注できたこと、情報・通信業界では、クライアントのキャッシュレス決済普及キャンペーンに伴うプロモーションやオンラインイベントの企画、グッズ制作、運営を受託できたことにより販売高が増加した。一方、自動車・関連品業界では、前年度においては、周年記念事業の一環のグッズ制作の案件が採用されたが、当年度においては、同規模の案件が発生しなかったことや特に上期において外出自粛の影響でクライアントの店頭販売が不調であったことから減少した。

当年度における連結業績は、主に流通・小売業業界、外食・各種サービス業界及び情報・通信業界において売上を大きく伸ばしたことにより、売上高は増収となった。販売費及び一般管理費は新型コロナウイルス感染症の影響により顧客訪問などの営業活動が減少したが、案件の複雑化に対応するための前年から続く人員の増強により、26.05億円(前期比5.9%増)となったが、各利益ともに大幅な増益となった。

2022年3月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比3.3%増の120.00億円、営業利益が同17.8%増の6.50億円、経常利益が同6.6%増の6.50億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同11.0%減の4.50億円を見込んでいる。





<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »