株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

オプティム---Web画面共有サービス「Optimal Remote Web」を発表  5月14日17時57分

オプティム<3694>は13日、Web画面共有サービス「Optimal Remote Web」を発表。6月下旬より販売を開始する。

「Optimal Remote Web」は、PC・スマートフォン・タブレット等の端末に表示されたWeb画面を、遠隔地のオペレーターへセキュアかつリアルタイムで共有することができるサービス。ユーザー環境でアプリのインストールが不要で、Webサイトにアクセスして受付番号をオペレーターに伝えるだけでサポートを受けることができる。また、Web画面内にある機密情報を、オペレーターが閲覧できないようマスキングする機能も搭載。さらに、同社が提供している「Optimal Remote」と併用可能で、Web画面以外のユーザー画面、ユーザー設定の確認、操作のサポートで利用できる。

ECサイトや予約・申込サイト等を運用する企業に導入することで、サポート業務の効率化やサービスレベルの向上に貢献するとしている。





<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »