株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日本工営が大幅続伸、国内コンサルの内製化進捗で21年6月期営業利益予想を上方修正  5月17日14時33分

 日本工営<1954.T>が大幅続伸し年初来高値を更新している。14日の取引終了後、21年6月期の連結業績予想について、営業利益を49億円から71億円(前期比54.7%増)へ、純利益を13億円から26億円(同4.7%減)へ上方修正したことが好感されている。

 売上高は1176億円から1166億円(同3.9%増)へやや下方修正したものの、主力事業であるコンサルタント国内事業の内製化が進捗したことや、コンサルタント海外事業で渡航費などのコスト抑制を図ったことが要因。また、渡航再開に伴う現地作業の再開や子会社の体質改善などが順調に進捗していることも寄与する。

 なお、第3四半期累計(20年7月~21年3月)決算は、売上高858億3300万円(前年同期比2.0%増)、営業利益85億600万円(同71.3%増)、純利益37億500万円(同8.7%増)だった。

 同時に、自社株89万9426株(発行済み株数の5.64%)を5月31日付で消却すると発表しており、これも好材料視されている。消却後の発行済み株数は1504万8628株となる予定だ。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 05月17日 14時
Kラーニングが一時19%高、上期業績予想の上方修正と1株から3株への株式分割を好感
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」4位に保土谷


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »