株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

NY株式:NYダウ267ドル安、予想下回った4月住宅着工件数に失望  5月19日07時00分

米国株式市場は続落。ダウ平均は267.13ドル安の34060.66ドル、ナスダックは75.41ポイント安の13303.64で取引を終了した。小売りの好決算を好感し、寄り付き後、上昇した。その後、米4月住宅着工件数が予想を下回ったほか、イエレン財務長官が演説で、バイデン大統領が提示しているインフラ計画を実施するため法人税制に改革が必要と増税を推進したため回復に警戒感が広がり、下落に転じた。根強いインフレ懸念や利益確定と見られる売りにおされ引けにかけてさらに下げ幅を拡大。セクター別では、電気通信サービス・エネルギーが売られた一方で、食・生活必需品小売りが買われた。

小売りのウォルマート(WMT)は第1四半期決算が予想を上回ったほか、通期の見通し引き上げが好感され、上昇。クラウドデータプラットフォームを提供するスノーフレイク(SNOW)はアナリストの投資判断引き上げが好感され、上昇した。一方で、ホームセンター運営会社のホームデポ(HD)は決算が予想を上回ったものの、見通しを示さず、下落。銀行のウェルズファーゴ(WFC)やエネルギー会社のシェブロン(CVX)は著名投資家のバフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイによる売却が規制当局に提出した文書で明らかになったため、軒並み下落した。

オンライン小売りのアマゾン(AMZN)は映画スタジオMGMの買収案を協議していると報じられている。

Horiko Capital Management LLC



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »