株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

NY金:上げ渋りで1868.00ドル、イラン核合意で進展の可能性も  5月19日07時31分

NY金先物6月限は上げ渋り(COMEX金6月限終値:1868.00 ↑0.40)。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は、前営業日比+0.40ドルの1オンス=1868.00ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めた取引レンジは、1863.50ドル−1875.90ドル。
ニューヨーク市場の序盤にかけて1875.90ドルまで買われたが、利益確定を狙った売りが増えたことによって1863.50ドルまで反落。イラン核合意で進展の可能性があうことから、1864.00ドルから1870.60ドルの範囲内でもみ合う展開となった。

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »