株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

大阪金見通し:下落か、ドル相場の落ち着きで利益確定売り優勢へ  5月19日07時45分

大阪取引所金標準先物 22年4月限・夜間取引終値:6550円(前日日中取引終値↓16円)

・想定レンジ:上限6580円-下限6500円

19日の大阪取引所金標準先物(期先:22年4月限)は下落しそうだ。このところ下落基調となっていたドルの総合的な価値を示すドルインデックスが、昨日の海外市場で落ち着いた動きとなり、ドルの代替投資先とされる金の魅力上昇が一服するとの見方から、昨日のナイトセッションで金先物は下落した。また、金先物は昨日までの4日続伸で162円上昇したことから、利益確定売りが出やすく、今日の金先物は軟調な展開となりそうだ。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »