株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

レシップHDがカイ気配スタート、米交通会社から運賃収受システムを受注と報じられる  5月28日09時12分

 レシップホールディングス<7213.T>がカイ気配スタートとなっている。きょう付けの日本経済新聞朝刊で「米国の交通会社から、バスの運賃箱を含めた運賃の収受システムを受注した」と報じられており、これが好材料視されている。

 記事によると、運賃箱のデータを通じて、どの路線や停留所から運賃が支払われたかをクラウド上で管理できるシステムを納入するという。受注額は数億円とあり、業績への貢献が期待されている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
タカショーがカイ気配スタート、2~4月期営業8割増益評価へ
三菱UFJ、第一生命HDなど大手金融株に買い、米10年債利回り1.6%台回復◇
KeePerが反発、100万株を上限とする自社株をToSTNeT-3で取得


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »