株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「水素ステーション」が21位にランク、成長戦略で拠点を大幅拡充と伝わる<注目テーマ>  5月31日12時20分

★人気テーマ・ベスト10

1 デジタルトランスフォーメーション
2 半導体
3 旅行
4 水素
5 サイバーセキュリティ
6 半導体製造装置
7 脱炭素
8 2021年のIPO
9 再生可能エネルギー
10 ウェアラブル端末 

 みんかぶと株探が集計する「人気テーマランキング」で、「水素ステーション」が21位となっている。

 30日付の日本経済新聞は、政府が6月にまとめる成長戦略の原案に関して「2030年までに燃料電池車の燃料を補給する水素ステーションを1000基整備する目標を新たに掲げる」と報道した。現在は160基程度にとどまるが、今後6倍の規模にまで増やし、これまで掲げてきた「25年度に320基」の目標から大幅に上積みする、という。

 関連銘柄では、液化水素を製造するノウハウを持つ岩谷産業<8088.T>が水素ステーションを国内外で展開している。国内の水素ステーションの戦略的な整備や効率的な運営に取り組む合同会社「日本水素ステーションネットワーク」には、ENEOSホールディングス<5020.T> や東邦ガス<9533.T> 、東亞合成<4045.T>、豊田通商<8015.T> などが参加している。加地テック<6391.T>は水素ステーション用の燃料電池用水素圧縮機を製造している。また、三菱化工機<6331.T> は水素ステーション向けに水素製造装置などを手掛けている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
午前:債券サマリー 先物は反発、長期金利0.080%で横ばい
東京株式(前引け)=反落、手掛かり材料乏しく目先利食い優勢に
◎31日前場の主要ヘッドライン


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »