株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ENEOSや出光興産が堅調、WTI価格は時間外で69ドル前半に上昇◇  6月03日13時22分

 ENEOSホールディングス<5020.T>や出光興産<5019.T>、コスモエネルギーホールディングス<5021.T>が堅調。2日の米原油先物相場はWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の7月限が前日比1.11ドル高の1バレル=68.83ドルと上昇。一時69.00ドルをつけ18年10月以来、2年7カ月ぶりの水準に値を上げた。この日の時間外取引でも69ドル前半と上昇基調を維持している。世界的な景気回復による原油需要の増加観測が強まっており、石油関連株に見直し機運が出ている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
債券:10年債入札、テールは6銭で応札倍率2.94倍
味の素、不二製油Gなど食品株が買われる、穀物市況高騰で製品値上げ思惑が株価刺激◇
ラクーンHDは3日続伸、福島銀と顧客紹介で業務提携◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »