株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

4日のNY市場は反発  6月05日07時11分

[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;34756.39;+179.35
Nasdaq;13814.49;+199.98
CME225;29120;+190(大証比)

[NY市場データ]

4日のNY市場は反発。ダウ平均は179.35ドル高の34,756.39ドル、ナスダックは199.98ポイント高の13,814.49で取引を終了した。朝方発表された5月雇用統計は、連邦準備制度理事会(FRB)が金融緩和の縮小を急ぐほどでないと受け止められ、その安心感から寄り付き後、上昇した。非農業部門雇用者数は前月比55万9000人の増加と市場予想は下回った一方、失業率は前の月から低下し、市場予想より改善が見られた。長期金利が低下したことで、ハイテク株にも買いが入った。ダウ・ナスダックともに終日堅調に推移し、ダウは最高値に迫っている。セクター別では、自動車・自動車部品など大半のセクターが上昇したが、運輸と公益事業が下げた。シカゴ日経225先物清算値は
大阪比190円高の29120円。ADR市場では、対東証比較(1ドル109.52円換算)でソフトバンクグループ<9984>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、エーザイ<4523>、オムロン<6645>などが上昇し、全般買い優勢となった一方、ANAHD<9202>、AGC<5201>、コマツ<6301>などは下落した。

<YN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「NY市場・クローズ」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »