株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ファースト住建---大幅続落、上半期好決算も想定線で出尽くし感優勢に  6月07日14時56分

ファースト住建<8917>は大幅続落。先週末に上半期の決算を発表、営業利益は14.7億円で前年同期比27.2%増益となり、ほぼ従来計画14.5億円並みの着地となっている。
通期予想は31億円、前期比17.2%増を据え置いている。四半期ベースでの増益率は、第1四半期の前年同期比50.7%増に対して、2-4月期は同12.6%増にとどまっており、順調決算も材料出尽くしと受けとめられている。木材の価格高騰や調達難に対する懸念なども拭えないもようだ。

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »