株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は反発、時価総額上位の銘柄の強さが目立つ  6月07日15時55分

 本日のマザーズ指数は反発となった。マザーズ指数は、日経平均と同様に上昇して取引を開始。日経平均が朝高後に弱含んだ流れもあり、マザーズ指数もつられる展開に。しかし、踏ん張りを見せると後場にかけて堅調な展開で、朝方につけたきょうの
高値を突破し、1137.30ptまで上昇した。なお、マザーズ指数は反発、売買代金は概算で1007.44億円。騰落数は、値上がり222銘柄、値下がり119銘柄、変わらず13銘柄となった。
 個別では、Pアンチエイジ<4934>がマザーズ売買代金トップにランクイン。Pアンチエイジの他、フリー<4478>、BASE<4477>、マネーフォワード<3994>、GNI<2160>、ケアネット<2150>などマザーズ時価総額上位の銘柄の強さが目立った。また、半導体関連の銘柄への物色は各市場で見られており、マザーズ市場ではQDレーザ<6613>への物色が継続。結局は上げ幅を縮小したものの、子会社がフルーツ大福の生産体制強化のため設備投資を実施すると発表したAppBank<6177>が一時急伸する場面も。その他、ウェルスナビ<7342>、サイバーセキュリティクラウド<4493>、アクシージア<4936>、ライトアップ<6580>などが買われた。一方、直近IPOのメイホーHD<7369>が引き続き換金売りに押された他、アンジェス<4563>、JMDC<4483>、スパイダープラス<4192>、サイバートラスト<4498>などが売られた。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »