株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

メディシノバ---大幅反発、MN-166の効果評価で塩素ガス暴露による肺障害動物モデル試験開始  6月08日13時18分

大幅反発。阻害剤MN-166(イブジラスト)の効果を評価する塩素ガス暴露誘発性急性肺障害動物(ヒツジ)モデル試験を開始したと発表している。MN-166または対照薬を投与し、肺機能や肺損傷、浮腫形成などを評価する。同社は塩素ガス暴露による肺障害に対する治療法や医療対策としてMN-166を開発するため、米国保健社会福祉省傘下の生物医学先端研究開発機構と提携している。

<TY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »