株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(大引け)=55円安、朝高後に値を消し反落もTOPIXはプラス圏  6月08日15時46分

 8日の東京株式市場は前日の米国株市場で主要株指数が高安まちまちだったこともあり、方向感の定まらない展開となったが、前場後半を境に売りが優勢となった。

 大引けの日経平均株価は前営業日比55円68銭安の2万8963円56銭と反落。東証1部の売買高概算は9億2866万株、売買代金概算は2兆1864億円。値上がり銘柄数は1399、対して値下がり銘柄数は692、変わらずは102銘柄だった。

 きょうの東京市場は、朝方は日経平均が高く始まったものの、2万9000円近辺の売りの厚さを改めて確認する展開でその後は値を消した。前場は120円程度上昇する場面もあったが買いが続かず、前引け時点でマイナス圏に沈んだ。しかし、後場は下げ渋る展開で瞬間プラスに転じる場面もあったが結局マイナス圏に引き戻された。新型コロナウイルスのワクチンの大規模接種が進捗していることで、内需の個人消費関連株の一角に買いが入った。一方、日経平均寄与度の高い値がさ株や半導体関連株に値を下げるものが多く指数の上値を重くした。ただ、日経平均は反落したものの、TOPIXは小幅ながら6日続伸となった。値上がり銘柄数も値下がり数を大幅に上回り全体の64%を占めた。

 個別では、断トツの売買代金をこなしたレーザーテック<6920.T>2000円を超える急落、ソフトバンクグループ<9984.T>やトヨタ自動車<7203.T>も軟調。ファーストリテイリング<9983.T>も下値を探る動きが継続した。ダイキン工業<6367.T>も値を下げた。ローツェ<6323.T>が大幅安、住友金属鉱山<5713.T>も売られた。野村マイクロ・サイエンス<6254.T>、ルネサスエレクトロニクス<6723.T>などの下げも目立った。

 半面、エーザイ<4523.T>が値幅制限上限で終日値がつかず、大引けにストップ高配分となった。ソニーグループ<6758.T>がしっかり、リクルートホールディングス<6098.T>も堅調。シスメックス<6869.T>が出来高を膨らませ急騰、第一三共<4568.T>も買いが優勢だった。ペッパーフードサービス<3053.T>はストップ高で買い物を残した。大真空<6962.T>、日本電波工業<6779.T>などが値を飛ばし、ひらまつ<2764.T>も物色人気。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<動意株・8日>(大引け)=ひらまつ、シスメックス、日電波など
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」1位にエーザイ
ひらまつは急騰で3カ月ぶり年初来高値更新、レストラン予約殺到の米国を横目に思惑買い


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »