株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

加地テックが急反発、水素ステーション向け新型圧縮機を21年度内に投入と報じられる  6月08日10時37分

 加地テック<6391.T>が急反発している。きょう付けの日刊工業新聞で「2021年度内にも燃料電池車(FCV)水素ステーションのコストダウンにつながる新型圧縮機を市場投入する」と報じられており、これが好材料視されている。

 記事によると、従来機に比べて圧縮機構を簡素化したのが特徴で、顧客企業で性能確認試験に入っており、良好な結果が得られ次第、提案を本格化するという。同社は20年度までに39カ所の水素ステーションに圧縮機を納入しており、新型圧縮機の投入で更なる納入拡大を図る方針だ。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 06月08日 10時
明豊ファシリが3日ぶり反発、国交省の入札契約改善推進事業の支援事業者に選定
ソフトバンクGは出資先破綻で8000円大台攻防に、信用買い残が重荷


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »