株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は3日ぶり反発、東エレクとテルモが2銘柄で約45円分押し上げ  6月10日16時53分

6月10日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり104銘柄、値下がり113銘柄、変わらず8銘柄となった。

日経平均は3日ぶり反発。9日の米国市場でNYダウは3日続落し、152ドル安となった。注目される5月消費者物価指数(CPI)の発表を10日に控え、高値警戒感から売りが出た。本日の日経平均もこうした流れを引き継いで61円安からスタート。ただ、国内での新型コロナウイルスワクチンの普及から先行き期待も根強くあり、寄り付きをこの日の安値にプラスへ切り返すと、前場中ごろには一時29007.53円(前日比146.73円高)まで上昇した。その後は米CPIの結果を見極めたいとの思惑から堅調もみ合いの展開が続いた。

大引けの日経平均は前日比97.76円高の28958.56円となった。東証1部の売買高は10億2805万株、売買代金は2兆4042億円だった。業種別では、海運業、パルプ・紙、精密機器が上昇率上位だった。一方、水産・農林業、銀行業、建設業が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の45%、対して値下がり銘柄は49%となった。

値上がり寄与トップは東エレク<8035>となり1銘柄で日経平均を約27円押し上げた。同2位はテルモ<4543>となり、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、エムスリー<2413>、ダイキン<6367>、リクルートHD<6098>などがつづいた。

一方、値下がり寄与トップはエーザイ<4523>となり1銘柄で日経平均を約27円押し下げた。同2位はソフトバンクG<9984>となり、KDDI<9433>、日本ハム<2282>、セコム<9735>、エプソン<6724>、信越化学<4063>などがつづいた。


*15:00現在

日経平均株価  28958.56(+97.76)

値上がり銘柄数 104(寄与度+190.99)
値下がり銘柄数 113(寄与度-93.23)
変わらず銘柄数  8

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<8035> 東エレク        47570          750 +27.01
<4543> テルモ          4473          130 +18.73
<6954> ファナック       26390          455 +16.39
<9983> ファーストリテ    83280          450 +16.21
<2413> エムスリー       7297          182 +15.73
<6367> ダイキン        20245          340 +12.24
<6098> リクルートHD      5805           91 +9.83
<4507> 塩野義          5839          192 +6.91
<6857> アドバンテ       9910           70 +5.04
<4568> 第一三共         2497           45 +4.86
<4519> 中外薬          4267           44 +4.75
<2801> キッコーマン      7180          130 +4.68
<5332> TOTO           6010          190 +3.42
<7733> オリンパス      2411.5         21.5 +3.10
<9766> コナミHD         7230           80 +2.88
<4506> 大日住薬         2340           79 +2.84
<4911> 資生堂          8108           58 +2.09
<4502> 武田           3767           51 +1.84
<4503> アステラス薬     1909.5           9 +1.62
<4578> 大塚HD          4695           44 +1.58

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<4523> エーザイ        10000         -755 -27.19
<9984> ソフトバンクG     8022          -51 -11.02
<9433> KDDI           3632          -27 -5.83
<2282> 日本ハム         4365         -160 -2.88
<9735> セコム          8666          -72 -2.59
<6724> エプソン         1974          -36 -2.59
<4063> 信越化         18535          -60 -2.16
<7269> スズキ          4786          -51 -1.84
<1928> 積水ハウス       2213         -44.5 -1.60
<3659> ネクソン         2535          -21 -1.51
<8830> 住友不          4090          -40 -1.44
<7203> トヨタ          9866          -40 -1.44
<6645> オムロン         8330          -40 -1.44
<2502> アサヒ          5443          -36 -1.30
<8001> 伊藤忠          3363          -33 -1.19
<6952> カシオ          1921          -32 -1.15
<6503> 三菱電         1747.5          -32 -1.15
<7267> ホンダ          3576          -15 -1.08
<7272> ヤマハ発         3260          -30 -1.08
<6753> シャープ         1936          -25 -0.90



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »