株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

積水ハウス---伸び悩んでもみ合い、第1四半期好決算も好反応限定的  6月11日09時57分

積水ハウス<1928>は伸び悩んでもみ合い。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は547億円で前年同期比7.5%増益、467億円程度の市場コンセンサスを大きく上回っている。コロナ禍における住宅への関心の高まりを背景に、高付加価値商品を中心に住宅取得需要が好調に推移しているもよう。海外市場に関しても米国での販売が好調に推移のようだ。買い先行となったものの、木材や鋼材価格上昇による影響懸念は払しょくしきれず、上値追いの動きは限られる形に。

<TY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »