株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

米インフレ関連指標に対する市場の関心は依然として高い?  6月11日20時52分

 10日発表された米国の5月消費者物価コア指数は前年比+3.8%で上昇率は市場予想の同比+3.5%程度を上回った。消費者物価総合指数は前年比+5.0%と市場予想を上回ったが、前年比ベースの物価上昇率は6月か7月以降、鈍化するとの見方が強まり、債券利回りは反落した。市場参加者の間では「米連邦準備制度理事会(FRB)はインフレ圧力の高まりは経済活動の再開に伴う一過性の現象であるとの見方を変えないだろう」との声が聞かれており、量的緩和策の早期縮小観測は一段と後退しつつある。

 インフレ関連指標に対する市場の関心は依然として高いようだ。ただ、インフラ投資計画の規模縮小や増税回避の成否についても市場はそれなりの関心を持っている。
インフラ投資計画が最終的にどの程度の規模になるか、注目したい。


<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »