株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

米FOMC声明に対する関心高まる  6月14日15時34分

 6月11日発表の6月ミシガン大学消費者信頼感指数は、86.4で市場予想を上回ったが、1年期待インフレ率は5月実績の4.6%を下回る4.0%にとどまった。5-10年期待インフレ率は2.8%で5月から0.2ポイント低下。すでに発表された5月消費者物価コア指数は前年比+3.8%で予想を上回っているが、インフレ加速の兆候は確認されていないことから、金融緩和策の早期縮小観測は後退。今週15-16日に開かれる米連邦公開市場委員会(FOMC)の会合では金融政策の現状維持が決定される見込みだが、FOMCの声明で「インフレ圧力の高まりは経済活動の再開に伴う一過性の現象」との見解が表明される可能性は高いとみられる。

<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »