株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

E・JHDの21年5月期業績は計画上振れで着地  6月14日16時18分

 E・Jホールディングス<2153.T>がこの日の取引終了後、集計中の21年5月期連結業績について、売上高が330億円から343億円(前の期比12.9%増)へ、営業利益が30億円から36億円(同20.6%増)へ、純利益が20億円から25億円(同23.2%増)へ上振れて着地したようだと発表した。

 豊富な期首繰越業務に加えて、期中の受注高が計画の330億円を上回る約370億円に達したことや、懸念された新型コロナウイルス感染拡大による影響が限定的だったことが要因。また、十分な業務量の確保による生産効率の向上や高付加価値業務の増加、出張などの移動の減少による時間的ロスや経費の減少も寄与した。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
Dベッドの公開価格は1460円に決定、6月23日東証2部市場に新規上場
第一カッタが21年6月期期末一括配当予想を4円増額修正
14日韓国・KOSPI=終値3252.13(+2.81)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »