株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

シュッピンが266万1200株を上限とする自社株をToSTNeT-3で取得へ  6月14日17時17分

 シュッピン<3179.T>が14日の取引終了後、上限を266万1200株(発行済み株数の11.26%)、または29億円とする自社株を、15日朝の東京証券取引所の自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)で取得すると発表した。

 同社創業者である鈴木慶氏が保有する同社株式の一部売却の意向があり、自己株式取得とすることにより短期的需給の悪化を防止するとともに、将来の機動的な資本政策遂行を目的としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
レオクランが21年9月期業績予想を上方修正
ブラスが21年7月期業績予想を下方修正
明日の株式相場に向けて=「コロナ後」先取り相場の勘所


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »