株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

新日本製薬 Research Memo(6):2021年9月期の業績予想は期初計画を据え置く  6月16日16時06分

■今後の見通し

1. 2021年9月期の業績予想
新日本製薬<4931>の2021年9月期の業績予想は売上高35,000百万円(前期比3.8%増)、営業利益3,500百万円(同5.1%増)、経常利益3,460百万円(同5.4%増)、当期純利益2,300百万円(同8.4%増)としている。第2四半期は通期計画に対し想定以上の進捗であったが、期初計画を据え置いた。商品カテゴリ別では、化粧品の売上高は前期比4.6%増の32,539百万円を計画している。通信販売チャネルの化粧品の新商品販促施策による売上伸長、「パーフェクトワン 薬用リンクルストレッチジェル」の売上拡大を想定している。ヘルスケアの売上高は同6.4%減の2,460百万円を見込んでいる。機能性表示食品への広告投資の拡大やクロスセルによる売上拡大を図り、スマートヘルスケア事業の育成にも取り組んでいく。

2. 2021年9月期のチャネル別売上高計画
2021年9月期第2四半期実績を踏まえた2021年9月期通期計画の前提についても変更はない。チャネル別売上高では、通信販売において同社の主力商品であるパーフェクトワン オールインワン美容液ジェルシリーズの販売増加を見込んでおり、前期比1.1%増の31,213百万円を見込む。直営店舗販売・卸売販売においては、同32.2%増の2,836百万円、海外販売においては、同34.3%増の950百万円を見込んでいる。売上をけん引している国内外EC売上高については、同30.0%増の4,477百万円を見込んでいる。

同社は通期計画達成に向け、好調なチャネルの販売を強化していく方針だ。「パーフェクトワン 薬用リンクルストレッチジェル」の広告投資を強化し、通信販売チャネルの新規顧客獲得をさらに推進する計画である。そのため広告宣伝費については、2020年9月期に抑えていた投資も含めて同7.6%増の10,846百万円を計画している。コスト効率化については引き続き進捗させる予定であり、オペレーションコストにおいてはFFコストを同2.0%減の4,109百万円とする計画とした。コールセンターコストについては、2020年9月期に戦略的に抑えた反動とマーケティング投資強化に伴い同7.5%増の3,070百万円を見込む。オペレーションコストの効率化は順調な進捗ではあるものの、保守的な当初計画を据え置いた形であり、同社は慎重な姿勢であると弊社では見ている。

(執筆:フィスコアナリスト 村瀬智一)




<EY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »