株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日電波は4連騰、超低背タイプの小型水晶振動子開発で6年10カ月ぶり高値圏に浮上  6月16日11時23分

 日本電波工業<6779.T>が軟調地合いに抗して4連騰、前日に続き年初来高値更新と気を吐いている。きょうは47円高の1137円まで買われ、2014年8月以来約6年10カ月ぶりの高値水準にある。世界屈指の水晶デバイス専業メーカーで、特に水晶振動子や水晶発振器などの小型化技術に強みを持っている。車載用を主力とし海外売上比率が8割と高い。技術開発力の高さが特長だが、直近ではきょう取引時間中に、超低背タイプの小型水晶振動子を開発しサンプル出荷したことを発表、これが株高を後押しする格好となった。最終利益が下駄をはいた状態にあるとはいえ、PERが依然10倍台と割高感にとぼしいことも投資資金の継続買いを促す背景となっている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京株式(大引け)=279円高、ナスダック高と円安受け約1カ月ぶり高値圏浮上
債券:先物、前場終値は前営業日比6銭安の151円74銭
◎午前11時現在の値上がり値下がり銘柄数


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »