株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

全研本社は1413円で引ける、初値形成後は売りに押される展開  6月16日15時14分

 きょう東証マザーズ市場に新規上場した全研本社<7371.T>は、午前9時19分に公開価格1350円を11.6%上回る1506円で初値をつけた。午前10時2分には1568円まで上昇したが、その後は売りに押される展開となった。結局、1413円で上場初日の取引を終えた。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
全研本社の初値は1506円、公開価格を11.6%上回る
全研本社はカイ気配スタート、きょうマザーズ市場に新規上場
16日の株式相場見通し=反落、FOMC前にポジション調整の売り優勢


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »