株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は続落、米金利上昇で売り先行、時価総額上位が軟調  6月17日16時25分

 本日のマザーズ市場では、前場中ごろにかけて売りに押される展開となった。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を受けて金融緩和の早期縮小観測が強まり、米長期金利は急伸。株価バリュエーションの高いグロース(成長)株にとって逆風になるとの見方から、新興株中心のマザーズ市場でも売りが先行した。ただ、マザーズ指数が1180pt近辺に位置する75日移動平均線を下回った場面では押し目買いも入ったようで、その後やや下げ渋る格好となった。なお、マザーズ指数は続落、売買代金は概算で1397.03億円。騰落数は、値上がり110銘柄、値下がり230銘柄、変わらず16銘柄となった。
 個別では、メルカリ<4385>、フリー<4478>、JMDC<4483>といった時価総額上位が全般軟調。売買代金上位ではPアンチエイジ<4934>などが売りに押され、BASE<
4477>やミンカブ<4436>はやや下げが目立った。前日上場の全研本社<7371>は小安い。
また、前日大きく買われたイントランス<3237>が急反落し、下落率上位に顔を出した。一方、売買代金上位のサイバートラスト<4498>、ワンプラ<4199>、セルソース<4880>は堅調。また、MDNT<2370>は活況が続き、ストップ高水準まで上昇した。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »