株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

18日のNY市場は下落  6月19日08時47分

[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;33290.08;-533.37
Nasdaq;14030.38;-130.97
CME225;28515;-415(大証比)

[NY市場データ]

18日のNY市場は下落。ダウ平均は533.37ドル安の33,290.08ドル、ナスダックは130.97ポイント安の14.030.38で取引を終了した。セントルイス連銀のブラード総裁によるタカ派発言を警戒し、寄り付きから下落。インフレ高進や早期の緩和縮小への警戒感に加え、株価指数先物、オプションなど4商品の清算日が重なるクアドラプル・ウィッチングで調整にも拍車がかかり、大幅下落となった。セクター別では、自動車・自動車部品が上昇した一方、エネルギーや公共事業の下げが目立った。シカゴ日経225先物清算値は大阪比415円安の28515円。ADR市場では、対東証比較(1ドル110.21円換算)
でシャープ<6753>、いすゞ<7202>、荏原<6361>、日本精工<6471>、ニコン<7731>などを筆頭に全面安の展開となった。

<YN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「NY市場・クローズ」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »