株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

後場の日経平均は1100円安でスタート、信越化や東京エレクトロンが安い  6月21日12時49分

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;27863.73;-1100.35TOPIX;1892.00;-54.56


[後場寄り付き概況]

 後場の日経平均は前営業日比1100.35円安の27863.73円と前引け値(27980.87円)から下げ幅を広げて取引を開始した。ランチバスケットは、差し引き売り買い均衡との観測。なお、ランチタイムの日経225先物は、軟調な推移が継続し、きょうの安値をつける展開だった。前場の日経平均は、若干ながら下げ渋る場面も見せたものの、結局は節目の28000円も割り込む格好。アジア市場の状況を見ても、日本株の反応は行き過ぎとの声も市場からは聞かれている。しかし、後場の日経平均も下げ幅を広げて始まるなど、5月半ばの水準が意識されてきたことによって、押し目買いも入りにくい状況と見られる。

 引き続き全面安商状の中、売買代金上位では、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、東エレク<8035>、信越化<4063>、日立<6501>、ファナック<6954>などの下げが目立つ。業種別では、ゴム製品、化学、輸送用機器などがマイナス圏上位で推移。


<CS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »