株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

テクマト Research Memo(12):配当性向は20%以上を基本に内部留保充実とのバランスを考えながら配当を実施  6月22日16時12分

■株主還元策

テクマトリックス<3762>は株主還元策として配当金と株主優待制度を導入している。配当方針としては配当性向20%以上を基本方針として、内部留保充実とのバランスを考慮しながら決定していく。2022年3月期の1株当たり配当金は前期比横ばいの19.0円(配当性向31.5%)を予定している。ここ数期間は配当性向で30%以上の水準を維持しながら増配を続けていることから、2022年3月期も業績が計画を上回り、配当性向で30%を下回る水準になれば増配の期待も出てくる。

また、株主優待に関しては毎年9月30日時点で500株以上保有の株主を対象に実施している。500株以上1,000株未満で1,500円相当の商品または寄付を、1,000株以上保有で4,000円相当の商品または寄付を選択できる内容となっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)




<EY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »