株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経レバが断トツの売買代金で急反発、日経Dインバは前日の上昇分吐き出す◇  6月22日12時51分

 NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信<1570.T>は大商いで急反発に転じている。売買代金は既に1000億円を超え、東証1部上場企業で首位のトヨタ自動車<7203.T>の2倍以上の水準をこなしている。日経平均株価に連動するETFで変動率は2倍に基本設定されており、全体相場のボラティリティが高い前日やきょうのような地合いでは、個人投資家など短期資金の売買が活発化する。日経レバは一時910円高の15780円まで上値を伸ばした。一方、日経平均とは逆方向に連動し、変動率がマイナス2倍に設定されているNEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信<1357.T>も日経レバほどではないが活発な商いをこなしており、こちらは27円安の414円と、前日の上昇分を吐き出す下げとなっている。

 米国の早期利上げ懸念に全体相場は振り回されているが、きょうのところは日経平均は先物を絡めリバウンド狙いの買いに厚みが加わり戻り足が軽い。終値で前日の下げ幅953円を取り戻せるかに注目が集まっている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京株式(前引け)=急反発、96%の銘柄が上昇する全面高に
トヨタなど自動車株が一斉高、NYダウ急反発と為替の円安が追い風材料に◇
インフォMTが反発、「BtoBプラットフォーム 契約書」が「kintone」とAPI連携◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »