株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ先物見通し:小動き、メルカリの上方修正と外部環境の悪化で綱引き  6月24日08時15分

本日のマザーズ先物は反落が小動き予想される。23日の米国市場は、FRBが当面、大規模緩和を維持するとの期待感に寄り付き後、上昇。金利の上昇も限定的となるとの見方を背景に、景気循環株からハイテク株への投資資金の移行が再燃し、ダウは下落に転じた。ハイテク株は終日買われ、ナスダックは連日終値で史上最高値を更新した。
本日のマザーズ先物は、米国市場でダウが反落となり、ナイトセッションが小幅安となった流れを引き継ぎ反落でのスタートが予想される。国内では、時価総額上位のメルカリ<4385>が上方修正を発表したことで、EC関連銘柄が相場を下支えすることが期待されるが、外部環境の悪化との綱引きで全般的には小動きとなることが予想される。日足チャートでは、上は75日線である1166.6ptを超えられるか、下は5日線を維持できるかが争点となりそうだ。本日の上値のメドは1193.0pt、下値のメドは1130.0ptとする。

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »