株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

オプトエレは一時20%高、米国で2次元ハンディスキャナの特需あり21年11月期業績予想を上方修正  6月25日09時41分

 オプトエレクトロニクス<6664.T>が急伸して一時、前日比145円(20.3%)高の860円に買われ、年初来高値を更新している。24日の取引終了後、21年11月期の連結業績予想について、売上高を77億円から80億円(前期比22.2%増)へ、営業利益を4億1300万円から10億3000万円(前期3億800万円の赤字)へ、最終利益を2億5400万円から7億1500万円(同12億5400万円の赤字)へ上方修正したことが好感されている。

 国内がモジュール製品・スキャナ製品を中心に計画通り推移したことに加えて、米国で2次元ハンディスキャナ「L-22X」が新型コロナウイルス感染症の検査装置の付属機器として採用されたのに伴い従来予想から追加の受注があり、上期業績が計画を上回ったことが要因。また、第3四半期までに決着する見込みであった訴訟手続きが和解により第1四半期に終了となり、訴訟費用などの負担が軽減したことも寄与する。

 第2四半期累計(20年12月~21年5月)決算は、売上高45億5600万円(前年同期比37.9%増)、営業利益7億5600万円(前年同期2億8000万円の赤字)、最終利益5億6400万円(同12億6600万円の赤字)だった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
オプトエレが21年11月期業績予想を上方修正
アスカ新値追い、自動車生産台数増を追い風に21年11月期業績予想を上方修正
<個人投資家の予想> 06月25日 09時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »