株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は5日続伸、終日高値圏で推移、本日IPOのコンフィデンスは好調な初値  6月28日15時35分

 本日のマザーズ指数は5営業日続伸となった。日経平均と同様にマザーズ指数も上昇して始まった。その後、早い段階で日経平均がマイナスに転じる中、マザーズ指数は対照的に、きょうの高値水準である1205ptを中心として終日高値圏でのもみ合いに。
なお、マザーズ指数は5営業日続伸、売買代金は概算で1341.69億円。騰落数は、値上がり223銘柄、値下がり121銘柄、変わらず20銘柄となった。
 個別では、直近IPO銘柄のEnjin<7370>がマザーズ売買代金トップにランクイン。Enjinの他、一部メディアが取り上げたことで関心を集めた日本電解<5759>がストップ高まで買われ、ペイロール<4489>とオキサイド<6521>が9%高となるなど、活発な物色が目立った。その他、メルカリ<4385>、ウェルスナビ<7342>、BASE<4477>、MTG<7806>、大泉製作所<6618>などが買われた。一方、ベイシス<4068>やステムセル研究所<7096>、アイパートナーズ<7345>など直近IPOの一角が下落。その他、オンコリス<4588>、HENNGE<4475>、メディネット<2370>、MacbeeP<7095>などが売られた。
 なお、本日新規上場したコンフィデンス<7374>の初値は、公開価格を65.4%上回る2911円と好調な初値形成に(初値形成時の出来高は40万2400株)。ただ、初値形成後は一時3070円まで上昇したものの、その後は換金売りに押される展開となった。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »