株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ヴィンクス Research Memo(8):小売業のDXをリードするITサービス企業として収益拡大基調  7月01日16時08分

■成長戦略

3. 収益は拡大基調
流通小売業においてはニューリテールと呼ばれる新技術を活用した店舗運営を実現するためにDX投資を加速している。ヴィンクス<3784>は流通小売業を熟知した開発力・技術ノウハウ・サービス力、メーカーに対する中立性を特徴・強みとして競合優位性もあり、さらなる市場シェア拡大余地が大きい。小売業のDXをリードするITサービス企業として、中長期的に収益拡大基調が期待できるだろう。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 水田雅展)



<EY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »