株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

清水建、QDレーザ◆今日のフィスコ注目銘柄◆  7月02日08時43分

清水建<1803>

AIを活用することで、シールドマシンによるトンネル工事の削進計画の策定から施工操作までの作業を自動化したと報じられている。建設業界では熟練技能労働者の大量離職が予想されており、AIと熟練工の経験値を融合させて省人化が図られることになるようだ。株価は950円辺りでのダブルトップ形成後の調整を見せており、52週線レベルでの底堅さが意識されている。


QDレーザ<6613>

5月半ばにつけた1250円を直近安値としてリバウンドを見せていたが、6月以降は1700円処に上値を抑えられる一方で、下値は75日線が支持線として機能する形で、もち合いレンジでの推移に。直近の調整で75日水準まで下げてきたこともあり、レンジ下限からのリバウンド狙いのタイミングに。一目均衡表では、雲上限を支持線とした値動きを続けている。




<CS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »